審査基準

消費者金融は担保も保証人も不要な上に、会ったことのない見ず知らずの人に、わずか30分程度の審査で10万円~50万円という現金を貸します。しかも銀行口座に振り込んでくれます。

このように一見、無謀なことをしている消費者金融が成長をとげ、大手銀行が業務提携したがり、今やクレジットカード会社よりも高い収益をあげられるのには理由があります。

それは銀行やクレジットカードよりも手軽さ・気軽さをウリにして簡単にお金を貸す分、高い金利に設定してキッチリ回収してきたからです。

消費者金融の審査においては回収できるかどうか、つまり貸したお金を確実に取り立てられるかどうかという判断基準をもって行われているのです。

具体的には以下に当てはまる人は回収できない可能性があるために融資を断る(審査が通らない)ケースが多いのですが、逆に言うと、以下に当てはまらない人はほぼ融資を受けることができるという柔軟性が消費者金融にはあるということです。

無職
暴力団・政治結社・右翼団体
同業者と弁護士
自宅の電話が料金未納で不通
住所不定
家出中
勤務先で欠勤が続いてる
ブラックリスト

消費者金融では、回収できないリスク度を把握するために「他社借り入れ件数」を重要な判断基準として使います。この 「他社借り入れ件数」 が各消費者金融業者の許容件数内であれば、金額は低いながらも貸してくれるケースが多くなります。