総量規制を回避して主婦が借入をする

貸金業法に総量規制が定められたため、借入がしにくくなりました。総量規制とは、年収の3分の1までの借入しかできないという規制なのです。専業主婦の場合には収入がありませんから、年収の3分の1と規定されれば、利用する事ができなくなってしまいます。ただし、ここで注意しておかなければならないのが対象となる業者です。
総量規制は貸金業法(http://ando-tax.com/fukusuusyakkin.html)によって定められたものです。ですから、消費者金融などの場合には、総量規制の対象となるのですが、銀行は対象となりません。銀行は貸金業法に規制されるのではなくて、銀行業法によって規制されるからです。ですから、収入がなくても銀行からなら借入をすることは可能です。銀行もキャッシングのサービスを提供していますから、総量規制の対象外のキャッシングサービスがあるのです。
また、消費者金融と思っていても、実は銀行のサービスの一つである場合もあります。銀行に吸収合併された消費者金融は、銀行のサービスの一部となっていますから、やはり総量規制の対象外になるのです。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>