注意点

消費者金融との取引で起きやすいトラブルのひとつが、多重債務の問題です。

多重債務が発生してしまう原因は、ちょっと足りないからとその場しのぎに消費者金融から融資を受け、その手軽さについ何度も借りるようになってしまい、気が付くと多重債務に陥っていた…ということが多いようです。

返せそうもないお金を借りることは、自分の首を絞めることになります。安易に今回だけ、という考え方は避け、社会人としての責任ある行動、自己規制が必要となります。

複数の消費者金融で借り入れを利用していると、いわゆるブラックといわれる状態になり、それ以降大きな融資を受けられなくなる場合もありますので、少額ローンの場合でも注意が必要です。

多重債務から抜け出すには、弁護士や生活センターなどに相談して専門家にアドバイスを求めるのが一番賢い方法といえるでしょう。

ただし、弁護士を名乗る人の中にも多重債務者をターゲットにして、悪質な消費者金融業者と手を組む悪徳弁護士も存在するようですので注意してください。基本的に、金融業者から紹介される弁護士は要注意といわれています。

相談相手は、弁護士会など信頼できる所を通して選ぶようにしましょう。慌てず、慎重に行動してください。