レイクの大口融資の特徴とは

カードローンでおなじみのレイクは、いわゆる大口融資に対しても万全な体制を整えています。
もっとも、万全とは何かなのですが、一つに、基盤がしっかりしていることが挙げられます。
レイクは新生銀行グループであり、その財政基盤、信頼度において万全といえるのです。
そして、保証(人)があるということ。
そもそも、大口融資には保証の存在は欠かせません。しかし、なかなかそれを用意できないケースが多いというものです。
その点レイクの場合、新生フィナンシャル株式会社が保証(人)となってくれるのです。
諸条件として、融資金額は(1万円~)500万円まで可能。
実質年率は4.5%~18.0%(遅延損害金は年率20.0%)。
即日審査が可能で、融資決定がなされたなら、銀行口座へ振り込まれる流れとなります(他にレイク窓口での受け渡し、ATMからの出金などもあり)。
なお、融資の対象者としては、年齢20歳以上65歳以下の国内在住者で自身のメールアドレスを保有している者となっています。
そして初めての利用者に対しては、常に30日無利息となり、こちらのサービスも万全です。
 

世界金融危機

世界金融危機は、同時にアメリカドルの覇権終結を意味していると見られる向きもあります。
アメリカ経済があのように大きな債権を抱えながら世界の中心となっていたことが浮き彫りとなり、信用力が大きく低下しました。
この結果、相対的に価値が高まったのが「金」(GOLD)であったりユーロ、円といった通貨になります。

この結果、各国政府が発行する国際通貨体制への信頼回復も急務となっています。
全く新しい体制作りには2つの可能性があり、1つは全く新しい国際準備通貨を創設してしまうという選択肢です。
この選択肢を提唱する専門家としては、世界金融危機を国際通貨体制を構築するための絶好の機会としてとらえる向きもあります。
しかし、この選択肢には非常に大きなネックもあります。
この新国際準備通貨を積極的に推進するだけの努力を払う国がなければ、この構想は絶対実現しません。
また、既得権を持つアメリカが政治的にも強い発言力を持っていることを考えるとあまり現実味は高くありません。

もう1つの可能性として、米ドルへの依存度を下げるためユーロ、円、人民元といった複数の強い通貨にも活躍してもらうという可能性があります。
特定先進国の通貨に依存する構造が変わらないという問題は残り、多極化によって本当に通貨が安定するかどうかも定かではありません。
結局のところ、この可能性に近い形で米ドルを中心とした体制は継続、G20新興国が活躍する新たな経済体制作りが大きな流れとなりそうです。
金融総合専門紙 ニッキン

お金借りるのに必要なものは

 誰でもお金を借りた経験は少なからずあると思います。
借金なんてしたことないという人も、
カードでものを買ったり、ローンでものを買ったりしたことがあるでしょう。
後払いで物を買うショッピング利用も、一時的にお金を借りている状態なのですよ。
では、誰でもお金を借りられるのでしょうか。
お金借りるのは金銭貸借契約という法律行為になりますから、
誰でもお金を貸してもらえるわけではありません。
まず、収入が無いと返せるあてがありませんから、収入は必要ですね。
それから、しっかりした職も必要になります。
現在は総量規制というものがあるため、
年収の三分の一を超える貸し出しはできません。
ですから、収入の無い主婦や無職の方などは借入が難しい状況です。
収入が無いのにお金を貸しますというところは逆に危険ですので、
お金に困っても安易に手を出さないでください。
それから、返済が一度でも滞ると、ブラックリストに載るということを覚えておきましょう。
いいかげんなことをして、本当にお金が必要な時に困らないようにしましょうね。

年金受給者でも借入は可能ですか?

年金受給者で借入したいと思われる方もいますが、仕事をしていない年金受給者にとっては借入先がないのではと心配な人もいるかもしれません。
以前は正社員で安定して収入がなければ借入することができませんでしたが、最近はパートやアルバイトなどの非正規雇用の人も、年金受給者などの一定の収入がある場合は、借り入れることができます。
実際に金融機関では、年金をもらっている人を対象にした無担保なしのローンがさまざま用意されています。
ただ、借り入れの際は所定の審査が行われますし、利用限度額も決められています。
また、他の年金を担保にしたローンを利用している場合は、新たな借り入れができない場合もありますので、申込む際は注意しましょう。
金利は、無担保の場合は担保があるものよりも高い傾向がありますので、金利の面もチェックしておくことが大切です。
そして、年金受給者の方の借入で一番気になるのは、年齢制限があるかどうかということかもしれません。
年齢制限も借入る機関によって異なりますが、多くは65歳から70歳くらいまでであれば対応してくれるところも多いようです。
このように年金受給者の借入の場合は、金利や限度額などとともに、年齢制限なども頭に入れながら、借入先を探していくと良いでしょう。
しかし、条件が良いところであっても、中には悪徳業者なども借入先に入っている場合もありますので、借入先の信用度もチェックするようにしてください。

 

審査基準

消費者金融は担保も保証人も不要な上に、会ったことのない見ず知らずの人に、わずか30分程度の審査で10万円~50万円という現金を貸します。しかも銀行口座に振り込んでくれます。

このように一見、無謀なことをしている消費者金融が成長をとげ、大手銀行が業務提携したがり、今やクレジットカード会社よりも高い収益をあげられるのには理由があります。

それは銀行やクレジットカードよりも手軽さ・気軽さをウリにして簡単にお金を貸す分、高い金利に設定してキッチリ回収してきたからです。

消費者金融の審査においては回収できるかどうか、つまり貸したお金を確実に取り立てられるかどうかという判断基準をもって行われているのです。

具体的には以下に当てはまる人は回収できない可能性があるために融資を断る(審査が通らない)ケースが多いのですが、逆に言うと、以下に当てはまらない人はほぼ融資を受けることができるという柔軟性が消費者金融にはあるということです。

無職
暴力団・政治結社・右翼団体
同業者と弁護士
自宅の電話が料金未納で不通
住所不定
家出中
勤務先で欠勤が続いてる
ブラックリスト

消費者金融では、回収できないリスク度を把握するために「他社借り入れ件数」を重要な判断基準として使います。この 「他社借り入れ件数」 が各消費者金融業者の許容件数内であれば、金額は低いながらも貸してくれるケースが多くなります。

申し込みに必要なもの

消費者金融を利用する際の審査に必要なもの・書類があります。

1.パソコン、ケータイ、スマートフォン
2.運転免許証(保険証、パスポート)
3.50万円以上借りる場合には、源泉徴収票、確定申告書、給与明細書などの、収入を証明できる書類
4.借り入れしたお金を振り込んでもらうための銀行口座

申込段階で必要なもの
インターネットでの申し込みが大変便利です。パソコン、ケータイ、スマートフォンを用意してください。

契約段階で必要なもの
本人確認書類として、運転免許証が必要です。持っていない場合は保険証かパスポートが必要になります。

また、50万円以上のお借り入れをされる場合は、源泉徴収票、確定申告書、給与明細書などの安定した収入を証明できる書類が必要です。

インターネットでの契約の場合、これらの書類をデータ送信する必要がありますので、スキャナ、デジカメ、カメラつきケータイまたはスマートフォンが必要になります。

借り入れ段階で必要なもの

インターネットでの申し込み・契約の場合は、自分の口座に借り入れ金が振り込まれますので、銀行口座をご用意ください。

店頭窓口に行かなくても自分の口座にお金が振り込まれますので、大変便利です。

消費者金融のメリット

消費者金融利用メリットとしてあげられるのは、基本的に審査が通れば、誰にでもお金を貸してくれる点です。

例えば、50万円程度の借り入れならば、無担保で、原則、保証人も不要です。

昔は、無担保で保証人も必要ないなど、とても考えられないことでした。また、消費者金融はリスクが高いということで利用者もあまりいませんでした。しかし、大手消費者金融や、中小の消費者金融は、必ず利用者が増えると考え、次々と新しいサービスを打ち出してきたのです。

そのサービスの一つとして、審査スピードがあげられます。消費者金融を利用する人の多くは、時間に切羽詰っていることが多く、スピード融資がとても重要になります。

そのため、いかに早く審査を完了するが各消費者金融の長年の問題、課題でした。これらの改善により、今では、インターネット等での自動審査システムによって、わずか数秒程度で審査が終了し、約30分程度で振込みまで完了、という審査システムを作り上げたのです。

この審査スピードは、消費者金融を利用する上での大きなメリットと言えるでしょう。

また、インターネットを利用すれば、場所も時間も関係ありません。ネットから24時間申し込むことが可能です。

注意点

消費者金融との取引で起きやすいトラブルのひとつが、多重債務の問題です。

多重債務が発生してしまう原因は、ちょっと足りないからとその場しのぎに消費者金融から融資を受け、その手軽さについ何度も借りるようになってしまい、気が付くと多重債務に陥っていた…ということが多いようです。

返せそうもないお金を借りることは、自分の首を絞めることになります。安易に今回だけ、という考え方は避け、社会人としての責任ある行動、自己規制が必要となります。

複数の消費者金融で借り入れを利用していると、いわゆるブラックといわれる状態になり、それ以降大きな融資を受けられなくなる場合もありますので、少額ローンの場合でも注意が必要です。

多重債務から抜け出すには、弁護士や生活センターなどに相談して専門家にアドバイスを求めるのが一番賢い方法といえるでしょう。

ただし、弁護士を名乗る人の中にも多重債務者をターゲットにして、悪質な消費者金融業者と手を組む悪徳弁護士も存在するようですので注意してください。基本的に、金融業者から紹介される弁護士は要注意といわれています。

相談相手は、弁護士会など信頼できる所を通して選ぶようにしましょう。慌てず、慎重に行動してください。

消費者金融比較

消費者金融を利用する場合は、知名度のある大手の消費者金融会社を利用するほうが安全です。

ここでは人気の消費者金融3社を比較してみます。

人気の消費者金融ninki
人気ランキング1位
プロミス

借入金額:300万円
実質年率:6.3~17.80%
審査時間:最短1秒(自動審査)
その他:パート・アルバイト可
特徴:スペックは文句なしで充実しています。加えて利便性の良さは消費者金融の中でもナンバ−1です。
審査結果は自動審査で最短1秒です。事前の3秒審査もあり、WEB契約なら来店不要・振込で即日融資も可能です。
女性専用ダイヤルもあって女性も使いやすい。知名度抜群だからかなり安心感があります。無料のポイントサービス申込で30日間無利息サービスもあります。

人気ランキング2位
三菱東京UFJ銀行系「モビット」

借入金額:500万円
実質年率:4.8~18.00%
審査時間:10秒審査(自動審査)
その他:パート・アルバイト可
特徴:三菱東京UFJ銀行系でCMでもお馴染みです。ネットで申し込みができます。
14:50までの振り込み手続き完了で即日融資も可能(審査結果により不可の場合あり)です。
入力項目の少ない10秒の自動審査で審査結果もすぐ分かり便利です。
本審査も完了まで最短30分で魅力的です。

人気ランキング3位
三菱UFJフィナンシャルグループ「アコム」

借入金額:500万円
実質年率:4.7~18.0%
審査時間:最短30分(3秒の事前診断有)
その他:パート・アルバイト可
特徴:CMでお馴染みの消費者金融大手のアコム。お申し込みピッタリチャートでますます便利になってます!
三菱UFJフィナンシャルグループで安心感もあります。来店不要で即日融資も可能です。
画面上の事前3秒診断で、申込み前の確認が可能です。

消費者金融基礎知識

消費者金融とは、無担保で保証人なしでもお金を貸してくれる業者のことを言います。

審査に通ると借りることができます。そして上限金額内であれば、いつでも自由に借入・返済することができます。

今、消費者金融業界では大手による独占化が進んでいます。そのため中小の金融業者は、審査基準を甘めにし金利を高く設定しています。貸付金利の高いリスクがあっても、銀行から借り受けるよりも便利な点があるため利用する人が多いのです。

最近では、景気悪化の影響で法人への貸し出し業務が低迷しています。銀行でも個人消費者への貸し出しを強化するようになり、銀行系の消費者金融業者が増えました。

消費者金融は、専業系・銀行系・クレジットカード系と分類でき、審査が通りやすいため専業系が利用者に最も多く利用されています。

以前は暗いイメージがつきまとった消費者金融でしたが。今ではCMなどにより、人々の消費者金融へのイメージが大きく変化しました。

消費者金融を利用する場合は、金利の上限に近い融資となるので、知名度のある大手の消費者金融会社を利用するほうが安全です。

消費者金融で申し込みを行なう前には、インターネットでその会社のホームページを見ておきましょう。金利、返済方法、返済日の設定など、商品の詳細をあらかじめチェックすることが大事です。